AMC101スタッフが2月に岡山・伊部に下見に行ってきました | アクティブミドルクラブ101

AMC101スタッフが2月に岡山・伊部に下見に行ってきました

お知らせ国内英語講座

岡山・備前焼で有名な伊部へ
AMC101スタッフが下見に行ってきました

2021年5月に行うプログラムの窯元見学の下見として、備前焼の窯元を代表する六姓窯元の一つ「桃蹊堂」にお伺いし、現当主の二十五代 木村桃山である木村 憲次さんに窯をご案内いただきました。
桃蹊堂は500年以上続く由緒ある窯元で、代々天皇家に備前焼を献上してきた御用達の窯元でもあります。
昭和天皇に献上した備前焼を焼いた窯は現存していませんが、その煙突だけは今も桃蹊堂のシンボルとして残してあります。
備前焼を製作するための手作りの道具や、250年以上前の備前焼も間近に見ることが出来き、そのお話と相まって大変濃密な時間でした。
5月に行うこのプログラムでは、木村憲次さんのご子息である二十六代 木村桃山 木村英昭さんにご案内いただきます。英昭さんは大学で外国語を学んだ後、本格的に陶芸の道へ。バルセロナへの留学経験を生かして海外での展覧会も行い、英語、スペイン語を使いこなすトリリンガルです。木村英昭先生による英語での窯の案内もこのプログラムのおすすめのポイントのひとつです。

岡山キャラバン隊のニコ太郎と木村英昭さん(右)
木村さんの代表的作品「守破離」についてのYouTube動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました