第6回 伊東 京子さん&野原 千代さん 「もう自信がつきました。これで世界の果てまでいけますよ」

07年4月出発のNZホームステイで知り合い、その後2人でカナダでのロングステイに挑戦した伊東京子さんと野原千代さんのインタビューです。

1.バンクーバーは地図をみながらどこでも行けます

おかえりなさい。思い出の写真をたくさん持ってきていただいてありがとうございます。今回カナダに行くと決めたのは、やはり青木さんたちのインタビュー記事(悠遊素敵2008年10月号・友人と楽しむロングステイ)がきっかけですか?

前からカナダに行きたいとは思っていたんですけど、 昨年は、 孫が生まれるとか、いろいろと家庭の事情でなかなか行けなくて、ずっと行かれた方の話を聞いてうらやましいと思っていたんです。 (伊東さん)

最初はイギリスにいこうかと考えたんですけど、あの記事を読んだあと、青木さんたちのお話を実際にお聞きする機会があって、バンクーバーもいいなあと思うようになりました。 (野原さん)

バンクーバーは、街がきれいで安全だし、食事が日本人の口にあうので、住みやすいですね。

そうそう。でも、フルキッチン付のお部屋だったので、ほとんどはスーパーで食材を買い物して自分たちで作っていましたけどね。 (伊東さん)

「アキ」っていう日本料理屋さんはおいしかったですよ。
道路もね、道路が碁盤の目のように区画されていてわかりやすいですね。地図を見ながらどこでもいけますし。すごくわかりやすい地図を現地で品川さん(現地スタッフ)がくれたんですよ。 (野原さん)

前回行かれた、青木さんたちが勉強したILSCという学校が、この時期はちょうど試験期間でしたので、別の学校をご紹介したのですが、いかがでしたか?

いい学校を紹介してもらいました。 通学にちょうどいい場所でした。(伊東さん)

お二人とも、すごくまじめで、びっくりするぐらい毎日勉強されていたと品川さんから聞いています。

私たちが行った時は、ほとんど20代の若い方ばかりでした。でもおばさんでもちゃんとみんなが受け入れてくれてね。先生もみんなもやさしく対応してくれたから、うれしくて、ものすごく勉強しました。(野原さん)

学生証もいただいてね。学生割引があるところでは 使えるんですが、今回はその機会はなかったんです 。でも、これは記念にとっておきます。(伊東さん)

第6回 伊東 京子さん&野原 千代さんインタビュー
「もう自信がつきました。これで世界の果てまでいけますよ」

1.バンクーバは地図を見ながらどこにでも行けます
2.プリンスエドワード島は夢の島
3.これで世界の果てまで行けますよ!

タイトルとURLをコピーしました