第20回 石黒 美枝さん 苦手を乗り越え、新たな世界がひろがった | アクティブミドルクラブ101

第20回 石黒 美枝さん 苦手を乗り越え、新たな世界がひろがった

AMC101会員様限定第20回 石黒美枝様素敵なシニアインタビュー

2021年夏、ニュージーランド国立ワイカト大学で開催されたワイカトカレッジオンライン研修に、AMC101より3名の方が参加されました。今回は、日本からオンラインで2週間の受講にチャレンジされた、石黒美枝さんにお話を伺うことが出来ましたのでご紹介します。

1.海外留学の気分を味わいたかった

 元々、英語教育に熱心な中高一貫校で育ったので、英会話や留学には興味がありました。以前、AMC101(以下AMC)の留学説明会に参加し、話は聞きましたが、その時は事情があり夢は叶いませんでした。今でも本当は現地で学びたいのですが、コロナで渡航ができないため、仮想留学の気持ちでオンライン研修に参加しました。
また、最近では、オンライン英会話を4年間やってきたので、自分の英語がどの程度通じるか知りたいという思いもありました。

2.パソコン操作の準備

不安だったのは、パソコン操作です。仕事でWordは日常的に使っていたことと、AMCのオンライン英語講座にも参加していたので、話す、聴く、「ブレイクアウトルーム」に参加するなどのZoom操作は、問題ないと思っていました。ただ、研修中は、初めてのことが多く、難しそうに感じました。事前に、課題の提出に使用する’Google Classroom’の使い方、その他のアプリの操作についてAMCスタッフの方から教えて頂き、私自身も、研修で困らないように、試しに使用し、メモを取りながら送ってもらった動画を繰り返し視聴し、一生懸命準備をして研修に臨みました。

3.ワイカトカレッジの英語授業

 授業では、語彙や文法の他にニュージーランド(以下NZ)の歴史や文化、マオリについて学びました。短い動画を見て、3択のクイズに回答するものや、先生が出した質問について、「ブレイクアウトルーム」で意見交換もしました。全員での授業も楽しいのですが、2-3名のブレイクアウトルームは、ほっとして気軽に話せました。途中、先生が、様子を見に入ってきて下さるのはよかったです。NZについては、観光で行ったことのあるので知っているつもりでしたが、授業では、新たな発見や学びがあり、ノートに色々とメモをしました。私が「先生の出身地や家族について知りたい」と言うと、翌週、早速テーマに取り上げて教えて下さったのがとても嬉しかったです。

 一方、時々ですが、先生が、皆にむけて質問をすると、どうしても遠慮をして、静かになってしまう場面がありました。私は、教員をしていたので、こういう時の先生の気持ちがすごくわかるので、少し慣れてきてからは、クラスにいる活発で積極的な学生と一緒に、わかる部分は、相槌を打ってリアクションをしました。英語なので、質問の意味がわからないことやうまく発言できないことも多々あるのですが、できる限り積極的に発言するように頑張りました。

4.コメントつきで動画を撮る宿題も

 私にとって、難しかったことは、毎日出る宿題の提出です。添付を付ける作業もひと苦労で、時には、夕食後に再度パソコンに向かい宿題をすることもありました。同じ説明を聞いているのに、同じクラスの学生は理解でき、やはり現役大学生はすごいと思いました。何度か“Flipgrid”というアプリを使用し、簡単な料理の調理法やNZと日本の違いについて、コメント付きで動画を撮るという宿題が出ました。時間がかかりすぎ、上手くいかないこともありましたが、これが使えるようになったことは、我ながらすごいなと感じました。使いこなせるとまでは言えずとも、私なりに前よりはいくらか進歩したと思いました。

第20回 石黒美枝さんインタビュー
「苦手を乗り越え、新たな世界がひろがった ~NZオンライン研修~ 」
タイトルとURLをコピーしました